accentuer


<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - |
秋の夜長
 

夏の暑さが過ぎ去り、虫の音を聞く秋の夜長。
窓を開けると、通りを挟んだお隣の庭から、金木犀の甘い香りが漂ってくる。
少しづつ、少しづつ、心地よいと思える暮らしの中に身をおけるようになってきたこの頃。

引越ししてきてから、時間を見つけては、築30年の古くて小さな住まいを、コツコツと手を加えること半年。建具を取り払い、床を張り(?)、電気サンダーとドリル片手に、トンカントンカン・・・。ペンキ塗りもだいぶ思うような仕上がりでできるようになって・・・・。まだまだ手を加えたいことがたくさんあって、楽しみは、ますます広がる“手作りな家づくり”。(写真は、手作りなものばかりをパチリ)

ふたりの娘も、日々成長中。夢見がちで、マイペースな姉と、しっかりもので、活発な妹。しょっちゅう喧嘩しているけど、仲のいい姉妹。そんなふたりの娘と過ごす今年の夏休みは、本当に楽しかった。
こどもたちとバタンキューと眠ってしまう夏が過ぎて、秋からは、それぞれの個性に合ったことに、じっくりと取り組みことをしたいなあと思う。

日々の暮らしを丁寧に、心地のいい暮らしのために。こちらのブログもぼちぼち再開します。


続きを読む >>

| diary | comments(2) | trackbacks(0) |
海へ


引越ししてから、週末、海へいくことが多くなった。
娘たちが成長したのに合わせて、これまで家の中で温めていた好奇心を解き放つように、あたたかな季節に誘われて、少し遠くへでかけてみたくなったのだ。週末、天気がよければ、思い立ってぶらりと海へ。
三浦半島をぐるりと巡って、夫と私、ふたりの娘、家族全員が楽しめるお気に入りを探すこと2ヶ月余り。鮮やかなグリーンの向こうに広がる青い海があるお気に入りの場所が見つかった。


続きを読む >>
| diary | comments(0) | trackbacks(0) |
ピクニック日和
 

新しい年が明けたと思ったら、2月目前。
やりたいことだけが積み重なっていくのを、一歩引いてのんびり構えていた1ヶ月(本当は、ただぐうたらしていただけなのだけど(笑))。この先のことを考えて、今は“待ち”の時期だということを改めて感じながら。
今年の目標は、『そぎ落とす』。本当に大切なもの、必要なものは何か?私達家族にとって、相応しいことは何か?将来をどう描いていくか?を考えながら、身の回りを整理していきたいと思う。
さて、久しぶりの更新は、この日の出来事から、この2ヶ月をすこしづつさかのぼることに・・・。

大寒なのに、桜が咲く頃のように暖かい日。市内の全部の幼稚園がお休みのこの日、ayaさん親子と砧公園へピクニックへいくことに。
少しつづだけど、5人分のお弁当を準備。ピクニックのためにお弁当を入れたかごは、中身を食べ終わった後に、どんぐりや葉っぱなどこど達にとっての宝物を集めるかご用として。使い終わったフォークとスプーンは、シャベルの代わりに。かごから、楽しい遊びが広がるように。
このかごは、2年前の春、お花見にも持っていったもの。その時、2歳だった上の娘は、従妹のおねえちゃんと一緒に、このかごいっぱいに桜の花びらを集めていた光景が、懐かしく蘇ってきた。あれから2年、2歳になった下の娘がその時の上の娘と重なって、月日の経つ早さをしみじみと感じた。




続きを読む >>
| diary | comments(0) | trackbacks(0) |
よいお年を
 

更新できないまま、1ヶ月半近く経ってしまいました。
特に病気になったわけでもなく、わが家はみんな元気です。

11月後半から2週間は、仕事漬けの毎日で、夜こども達と7時くらいに寝て、深夜1時ごろ起きるという生活をしてたり(我ながらびっくり!でも充実していて楽しかった)。仕事が終わったあとは、娘の用事で、毎日何かしら予定があって、バタバタと一日が過ぎていき・・・・クリスマス前の終業式の後、友人と企画したクラスのクリスマス会を無事に終え、その後、わが家もほっとクリスマス。
その後、姉のところに双子の男の子が生まれ、年末は、挨拶に行ったりと・・・・、今年やり残したことといえば、年賀状とこちらのブログの締めくくり。年賀状は、紅白歌合戦を見ながら書くとして、こちらの締めくくりはしておきたいと思い、最後のひとコマ。写真は、仕事漬けの2週間のあと、ほっと一息、お茶を入れて、クリスマスのシュトーレンを楽しむひとときのもの。熟成したシュトーレン、美味しかったあ。去年より、ずっと美味しくできたから、来年はもっとおいしくできるようがんばろう!
今月はたくさんの心に残る贈り物をいただいて、ここに記録してから年を越せないことが心残り・・・。新年にまた、ゆっくりと書き留めたいと思う。

最後に、ずっと心にあった考え事が、この1週間、急速に現実味を帯びて結論に至ろうとしている。自分のやりたいこと、娘達に望ましいこと、家族のふさわしい在り方、少し遠い将来のこと・・・・全部を叶えることはできないけど、最善の選択は何か?随分随分考えて、進むべき方向性が見えてきたような気がするのだ。
進むべき方向性が見えてきたとき、以前、仕事をしていたときに、仲のよい友人たちにからかわれて言われていた言葉を思い出した。「シオノさんは(私の旧姓)、動いてないと死んじゃうよねー(笑)」。
留まっていると死んでしまう・・・・そうかもしれない。恒に先(目標)に向かって、走り続けていたいと思う一年の締めくくりなのでした。そんなせっかちな私の、娘達に対する新年の目標は、(せっかちな分)「何事もゆっくりと対峙していくこと」なのでした(笑)。
皆様、よいお年を!

*↓うれしいコメント、ありがとうございます。お返事、年明けになってしまいますが、ご勘弁ください。

| diary | comments(0) | trackbacks(0) |
チョキチョキ・・・
 

11月23日は、下の娘の2歳の誕生日。
ちょっとした時間があるときに、フェルトを三角にチョキチョキ切って箱に並べて、たまったフェルトと麻ひもをミシンでカタカタ・・・・。



続きを読む >>
| diary | comments(6) | trackbacks(0) |
むくむくきのこ
 

娘曰く、“毛糸の帽子をかぶったむくむくきのこ”。
むくむくの帽子をとると、紙コップの中にはふわふわのシフォンケーキ。このシフォンケーキは、とってもかわいらしいお菓子を作られているefucaさんの焼き菓子。おんなのこなら飛びついてしまいそうな、かわいいパステル色のロールケーキやクッキーを作られているefucaさん。上の娘がぜったい気にいるだろうなあ、たべさせてあげたいなあと思っていたお菓子を、12つきさんにて。

シフォンケーキは、きめこまやかな生地は、驚くほどふんわりとして、しかもしっとり。口の中に入れると、しゅわしゅわと溶けていってしまいそう。卵のやさしい味が口いっぱいに広がった。娘から、ほんの一口お味見させてもらった、むくむくきのこのシフォンケーキは記憶に残る素晴らしい美味しさだった。

続きを読む >>
| diary | comments(0) | trackbacks(0) |
秋深し
 

11月最初のお休みは、のんびりとinacoへ。
途中、富士山の麓にある公園へちょっと寄り道。クリーム色、青、黄緑色の木製のベンチがなんだかかわいらしい風景。富士山の麓では木々が紅葉し、葉を落とし、冷たい空気とともに、秋の深まりを感じた。

続きを読む >>
| diary | comments(0) | trackbacks(0) |
つれづれ・・・
 

久々に、仕事モードだった10日間。
仕事が入ると(そんなに難しいものではないんですけど・・・)、緩んだ生活に緊張感がもてていい。こども中心の生活の中で、家で仕事をする時間を作りだすのは正直たいへんだけど、終わったあとの満足感と安堵感があるから、やれるのだと思う。
昨日、今月最後の仕事を終えて、今日は久々にのんびり気楽な一日。午前中ぶらりと、上の娘の幼稚園へ運動会の写真を見に行った。今日は、お芋堀で掘ったさつまいもでクッキングの日。娘のお教室を覗くと、こども達が頭にバンダナをして、楽しそうに走りまわっていた。お庭には、2トントラックに積まれたさつまいもの山(圧巻!)。お芋堀に行かなかった年長さんのが、後で袋を持ってもらいにくるのだそう(年長さんはお芋堀よりも重要な役割である、自分達で育てたもち米の稲こきがあるから)。娘の幼稚園は、いつも見ているだけで面白い。

家へ帰ってきて、下の娘がお昼寝した後、ひとりゆっくりとコーヒーを入れて、新聞広げて、お昼ご飯。里芋のコロッケと、キッシュと大根サラダ、全部前日の残り物だけど、のんびり食べられるのが何より。




続きを読む >>
| diary | comments(0) | trackbacks(0) |
お姫様

 

上の娘が2歳のときに、叔母が作ってもらったワンピースをリメイクして、白い長いドレスに。白い長いドレスが憧れだった娘がそれはそれは大喜び。鏡をじいっと覗き込んでにんまり。


続きを読む >>
| diary | comments(0) | trackbacks(0) |
運動会
 

10月10日、体育の日。
上の娘の初めての運動会。台風にも、新型インフルエンザにも負けることなく、元気いっぱいのこども達の晴れの姿が見れた楽しい一日だった。


続きを読む >>

| diary | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/8 | >>