accentuer


<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - |
バレエシューズ
 

夏にzakkaさんで行われた展示会で手に入れたいと思っていた、warang wayanさんのバレエシューズ。お花のコサージュがちょっと甘めで、黒のオーストリッチ調の羊皮が大人びたもの。
娘の入院で、zakkaさんに伺うことは叶わなかったれど、週末巣巣さんに伺った際に、ようやっと手にすることができた。靴底をつけてもらったから、これからの季節、温かなタイツにあわせて、足元をのかわいらしさを楽しみたい。冬だからブーツもいいけど、バレエシューズのかわいらしさはまた特別。

このバレエシューズ試着していた私に、横で「これ、買っちゃダメ!」と言う上の娘。どうやら、自分好みの靴を私が履くのが気にいらないらしい。そうよね、こんなにかわいい靴、欲しいよね。土屋さん、こどもサイズ、作ってくださ〜い(笑)。






続きを読む >>

| favorite | comments(0) | trackbacks(0) |
大切にしたいもの
 

前回、inacoへ行った際に、持ち帰ってきた絵本。
姉や私が幼い頃に、母から読み聞かせてもらった絵本の数々。その中でも、とびきり好きだったものが姉の手元に置いてあったのだけど、再婚して引っ越す際に、「もっていっていいよ」と残してくれたもの。
家に持ち帰った絵本を1冊1冊手に取りながら、幼い頃母に読んでもらったときのように、胸が高鳴った。絵も物語も、普遍的なよさをもつものばかりで、娘達もきっと気にいるはず。今では絶版したものも多く、娘達が母親になったときに、そのこども達にも読み聞かせてあげられるように、大切に大切にしていきたい。




続きを読む >>
| favorite | comments(2) | trackbacks(0) |
バブーシュ
 

半年程前、縫い糸がほどけて履けなくなってしまったバブーシュ。お気に入りのものだったから、新しいものを買うのになかなか気が進まずに、裸足で床を踏みしめていた。
そろそろ足元が寒くなるから、新しいものを新調したいなあと思い、連休中、inacoへ行く途中、沼津のhalさんへ寄り道。お店の入り口を入ると、店主である後藤さんが温かい笑顔で迎えてくれた。そばにいるふたりの娘を見て、すぐにお店の一角にあるこどもコーナーへ案内してくれ、娘さんや息子さんが使っていたおもちゃをテーブルに並べて、「どうぞ」と椅子を引いてくれた。テーブルの上のピアノや、木のおもちゃに夢中になっている娘達をみて、「これで、お店の中3周くらいはいけますよ」とにっこり。家でもきっとやさしいお母さんなのだろうなあ。私も見習いたい。

お目当てのバブーシュは、warang wayanさんのもの。以前履いていたものは、ウブドの土屋さんのお店が買ったもので、今回新調したのはモロッコからもの。色はオレンジと迷って、最後に白を選んだ。わが家のグレーの床と相性が良さそうだなと思って。
履くと皮が柔らかくて、気持ちがいい。大きめのサイズを選んだから、冬はもこもこの靴下を履いて、ぬくぬくと過ごそう。

初めてhalさんを訪れた時には、上の娘の2歳のお誕生日プレゼントに赤木明登さんのお椀を買った。来月は、下の娘の2歳の誕生日。上の娘と同じお椀を贈る予定。

続きを読む >>
| favorite | comments(0) | trackbacks(0) |
時計



1ヶ月前に、わが家にやってきた掛時計。
これまで時計らしい時計がなかったわが家(キッチンのカウンターに、JACOB JENSENの小さなデジタル時計がごくごく控えめにあるくらい)。「時計はどこにあるの?」と遊びにきてくれた友達などに効尋ねられることがしばしば。
私と夫にはさほど時計は重要ではないのだけど、そろそろ上の娘に時間の感覚を教えるために、掛時計をつけることにした。小さなこどもでも読めるように、文字盤が数字で分かりやすいというのが、時計選びの条件。その条件にぴったりだったのが、巨匠渡辺力氏がデザインしたRiki Clock。数字も大きくて、時計の針も長短が分かりやすい。
半年ほど前から、ジャストタイム(1時、2時、3時など)は理解していた娘は、この1ヶ月で1時半、2時半などの30分刻みを理解するようになった。

続きを読む >>
| favorite | comments(0) | trackbacks(0) |
アイスコーヒー



この夏のわが家のコーヒーは、IKEAのコーヒー(ダークロースト)に、ヘーゼルナッツを混ぜたもの。アイスコーヒーにしても深みがあるダークローストに、ヘーゼルナッツの甘い風味はそのまま氷を浮かべて飲んでもいいし、牛乳を入れてカフェオレにしてもいい。
何よりこの夏のアイスコーヒーの特筆すべきなのは、そのコストパフォーマンスのよさ。IKEAでキャンペーン価格で売り出されているこのコーヒーの粉は、なんと3つで300円!味もなかなかよい上に、がぶがぶ飲んでも、気にならない価格がうれしい。

ここ何週間かは、雨が振ったり、体力を温存しておきたいときには、IKEAのお世話になっているので、行くたびに、このコーヒーをまとめ買い。おすそ分けしたりしているから、あっという間になくなってしまうので、また買いにいかなくちゃ(笑)。

続きを読む >>
| favorite | comments(0) | trackbacks(0) |
4歳の記念


娘の4歳の誕生日の記念に、赤木明登さんの楡の鉢を買い足した。
2歳の誕生日の記念に贈った4寸の楡の鉢。日々の暮らしで使えて、ずっと使えるものという思いで選んだ4寸の楡の鉢は、今では毎日の食事に欠かせないものとなった。2年経つと、地の朱色がうっすらと見えて、使い込んだ感じがして、なかなかいい。普段使いしているものだから、縁の部分が歯にあたって、漆が薄くなっている部分があったりするけれど、それはそれでよい。何年か経ったら、塗り直してもらうのも、また楽しみだから。いいもの使う心地よさを、こどもの頃から知っていてもらえたらと思う。
娘の成長とともに、5寸、6寸と買い足していって、将来娘の嫁入りに持たせてあげようと思っている赤木さんの楡の鉢。4歳の記念に贈った5寸の鉢は、これからの季節、冷し中華などを盛るのによさそう。この鉢に合わせて、お皿にもなる蓋も作られたようだから、いずれ揃えてあげたいなと思う。

続きを読む >>
| favorite | comments(2) | trackbacks(0) |
荒井良二さん


遡ること3週間前、世田谷文学館で開催されている『荒井良二展』に行ってきた。上の娘も大好きな荒井良二さんの絵本(NHKのポルタでお馴染みですね)。展覧会と合わせて、開催期間中の2日間開催される一日店長をを楽しみにしていた。
「今日ね、荒井良二さんがお店やさんしてるんだって」と娘に言うと、「チマチマのひと?」(『ぼくチマチマ』のことを言っているらしい)と確認して、「やった〜!あらいじょーじさんだあ〜」と大喜びしていた。“じょーじ”さんではなくて、“りょうじ”さんだと、何度訂正しても、娘の中では“あらいじょーじ”さんで固まっているらしい(笑)。ま、おすきなように。

続きを読む >>
| favorite | comments(0) | trackbacks(0) |
マンモス


上の娘が夜寝るのにかかせないもの・・・・新年に遊びにきてくれた友人夫妻がプレゼントしてくれた、とってもかわいい赤いマンモス。
このマンモスは、Leschiという“人間のことをあたためてくれる不思議な力をもった動物”で、電子レンジであたためると心地よい温かさになる。体の中にオーガニックの小麦が入っていて、温めると小麦のこうばしい香りが何とも言えずいい。
娘は、寝る前に温めたマンモスを持って寝室に行き、絵本を読んでもらっている間、手にもって、色々なところをいじくりまわしては、「マンモス、あったかいね」とうれしそうに呟いている。うっかりマンモスを忘れて、寝る直前に気付いた時には、「マンモス、とってきて〜」と半べそをかくほど愛着があるらしい。そんなマンモスは、下の娘も気に入っているようで、おねちゃんの目を盗んで「まん!まん!」とうれしそうに触ってみたりしている。
ユーモアのある形で、じんわりと心身ともに癒してくれるマンモス。家族みんなのお気に入り。


続きを読む >>
| favorite | comments(0) | trackbacks(0) |
プレゼント交換


まだまだ暖かな頃、okarikoさんとのクリスマスのプレゼント交換の約束をした。話の発端は、いつもたくさんの贈り物をしてくれるお礼に、私から贈り物をしたいということだったのだけど、細やかな心配りのokarikoさんがプレゼント交換という形にしましょうと提案してくれたのだ。
おとなのプレゼント交換かあ、何だかわくわくするなあと思いながら、やってきたクリスマスの時期。クリスマスの前の週に届いた大きな箱を開けると、中からはたくさんの素敵な贈り物が入っていた。

okarikoさんが私に選んでくれたのは、イイホシユミコさんのOXYMORONの大皿。kohoroさんで見て、素敵だなあと思っていたので、うれしい驚き。わが家のイメージと、このお皿に料理やパンを盛り付けたら素敵では・・・という想いで選んでくださったのだとか。
普段、メインの料理などは大皿に盛り付けて、とりわけて食べることが多いので、この大きさのお皿はとてもありがたい。釉薬の感じは和洋選ばないので、これから日々の食事にどしどし活躍させてもらおう。
この日は、茹でたブロッコリーとカリフラワーをどっさりのせて、食卓へ。深緑のお皿に、ブロッコリーの緑とカリフラワーの黄色のコントラストが映えて、野菜がとても美味しそうに見えた。



続きを読む >>
| favorite | comments(0) | trackbacks(0) |
スキンケア


空気が乾燥してきて、そろそろお肌のかさかさが気になるこの頃。台所仕事をした後は、手がかさかさ。ハンドクリームがかかせなくなってきた。
普段の洗顔後のスキンケアなどは、化粧水に乳液を使うくらい。年齢も年齢なので(笑)、そろそろちゃんとしたケアをしなくてはと思うのだけど、大雑把な性格だから、そのあたり苦手なところ。もっと、お肌のお手入れに気をつけなくては。と言いつつ、取り急ぎ何かしようという姿勢はみらなれないのだけど・・・。
化粧水がなくなってきたので、他になくなりそうなものもチェックして、MARKS&WEBへお買い物。ここ2年くらいはこちらのスキンケアアイテムを愛用。大雑把な私にとって、とても使いやすい。


続きを読む >>

| favorite | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/2 | >>